インプラント・ホワイトニング

現在、歯科界では、「インプラント」「ホワイトニング」といった治療が大流行しています。
どこの歯医者のHPを見ても、この2つの言葉が踊っていると思います。

しかし、どちらもまだ歴史の浅い治療で、「必ず成功する」見込みは無い治療だ、というのが現在の私の見解です。

インプラントに関しては、どのくらい持つのか、ということが、インプラントを入れる部位や、患者様の咬合力、歯周病のリスク、喫煙といったものに大きく左右されます。
つまり、全く同じようにインプラントを行っても、長持ちする人、長く持たない人、といった差がどうしても出てきてしまいます。
このあたりの説明をきっちりせずに、誰かれかまわずインプラントを行っているのが現在の歯科界の現状です。
失敗するかも知れないし、万が一失敗したら、いったいどうなるのか。
このあたりをきっちり説明してインプラントを入れる歯科医はまず居ないと思います。
インプラント自体は素晴らしい治療なのですが、
どういうケースでは成功し、失敗した、というデータを集め、そのリスクは患者様に情報提供しなくてはいけないと考えています。

ホワイトニングも同じです。
現在、様々なホワイトニング用の薬品が発売されています。
つまりは、「これで確実!」といったような商品が無いのです。
さらに、その人それぞれの食生活により、せっかく白くしたものが戻ってしまう度合いも人それぞれです。
それなのに、そのあたりの説明を十分にせず、患者様にホワイトニングを勧めるのはいかがなものか、と私は考えています。

どちらも高額の治療であるがゆえに、もっと慎重に行うべきなのです。
これらの治療は、当院では当分の間控えさせていただきたいと考えています。


2012年6月7日追記

ホワイトニングに関しては、「どうしてもやりたい!」という方が居られたため、ホームホワイトニングのみ始めました。
上記のリスクを理解し、同意された場合にのみご提供いたします。
よろしくお願いします。


    Page Top