審美治療

「歯を治療したいけど、銀になるのがイヤだなぁ」
「歯の治療したけど、銀色なのが気に入らない・・・」
そんな悩みの方は多いと思います。
「白くしたいけど、どうせ高いんでしょ」
そう思っている方も多いかと思います。

保険でも、白くできる場合はあります!
ただし、自費治療(値段の高い治療)のほうが良いのも確かです。
その点をうまく見極め、治療を選択していただくことが大切だと思います。

まず、「かぶせもの」と呼ばれる種類のもの。
奥歯は銀歯しか認められていませんが、前歯であれば
保険でも白い「かぶせもの」が可能です。

前歯の場合
奥歯の場合


前歯というのは、具体的には、前から3番目までの歯までです。

ただし、保険で使える白い歯は、「レジン前装冠」と呼ばれるもので、
タバコやコーヒーの着色に弱く、色が変わりやすいという欠点があります。

その点が気になる方には、

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

メタルボンド

メタルボンド


といった、変色に強いかぶせものをオススメします。(これらは自費治療になります。)

また、部分的な詰め物の場合ですが、

部分的な詰め物の場合


上の図のように大きいサイズの場合は、保険では銀しかムリなのですが、
小さく削れた場合には、保険の白いものでも可能です。


セラミックインレー

大きい詰め物の場合は、セラミックインレーを使用し、白くすることができます。


虫歯の場所やサイズによって、
「保険で白くできる」「この場所は自費で白くしたほうがいい」
というのがありますので、よく相談の上で、患者様の納得のいく治療をしたいと考えています。

詳しくは、院長までご相談ください!!


    Page Top